31歳ホスト

会ってきた。

 

営業なら私は難しいと釘をさしても、それは違う的なメッセージを熱心にくれたので、どんな人なのか興味を持って話してみたいと思った。

 

会う日の当日のメッセージの返しもマメで、気持ちよく合流ができた。

やはりどんな仕事をしていても、時間に遅れないとか基本ごとの約束は大切だと思った。

 

 

186の長身で、スタイルがめちゃくちゃよかった。

イエローグレンチェック?のオシャレなコートに、マフラーはダーク目の緑と紫の多分高いブランドのやつで、BALENCIAGAのクラッチに、黒いブーツ。

顔の造形は、落ち着いてる方なのかな。写真との、ギャップはそこまでなかった。整形バリバリかとおもったけど、多分お化粧してる。

 

まぁ、思った通りだった。

 

同伴だと思ってたんだよ。

 

 

で、

誘う手口としては、

まずは私の容姿を褒める。

綺麗なのに可愛いですね。

ほんとに何でマッチングアプリやってるんすか?

勝ち口人生でしたよね?出会いも今でも沢山ありそうなのに。

 

ありがとう。

褒めるって大切だよねみたいな返しをしたら、

 

ほんとに思ったことしか言わないですよ。とのこと。まあ、言うよな。

 

あとは

相手を蔑むだけの為に罵倒したりは俺はしないようにしてる。とか、出来れば相手のいい所を見つけて褒めたい。

売れてない同じグループのホストに対しても、自分の気分で当たったりは絶対しないし、感情的にならないように、1度自分の中に飲み込んで言葉選ぶようにしてる。

とかいってた。できた人だと思った。

 

 

その後さくら通り?沿いの落ち着いた居酒屋に連れてってもらう。

一番最初に興醒めしたのは、

これからどんな関係になるか分からないですが、お互い惹かれて付き合うかもしれないし、お友達になるかもしれないし、自分のことを知ってもらう為にお店にはいずれ来て欲しいとは思ってます。と言われた。

 

あとは何故か彼の熱い思いを聞くことになり。

尊敬してるホストの経営者に感化されて、先に東京に来てた同い年の小学生からの親友とホスト始めて一年半。そして、同じグルーブの3店舗目が来月出来て、それの共同経営者に友人となりこれから頑張りたいと言ってた。

昔はギターから始まり、打ち込み系の音楽やっててデビューもしたことがあるらしい。

昔の写真を見たら野生ワイルドな感じだった。

顎髭黒髪ポニテ。山で陶芸やってそうな感じ。

 

 

まぁ、要するに新店舗の客探しですね。

 

自分をよく知ってもらいたいので、今日職場に来て貰えませんか?って言われて、やんわり断った。

 

別れ際、居酒屋のような飲食店なら警戒なく入ってくれるのに、ホストだと偏見もたれてるのが悲しいからそれを変えて行きたいっていってた。

 

考え方は多分その尊敬するホスト経営者が基盤なんだろうけど、しっかりした人だった。

けど、どこかア〇ウェイみたいな胡散臭い感じもした。

 

 

投稿者: すあま

30代独女。 おでかけ、グルメ、捗る日用品、ゲームなど興味のある事を気ままに更新していきます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。